最新版|ダイエット用 宅配弁当【お試し購入】割引コード・クーポンはこちらclick

【看護師が厳選】糖質制限ダイエットにおすすめ!低糖質食品&宅配弁当サービス

【看護師が厳選】糖質制限ダイエットにおすすめ!低糖質食品&宅配弁当サービス

 

[st-kaiwa2]あらゆる糖質カット食品を食べてきた僕が、 コンビニで買えるダイエット向けの低糖質食品をおしえます。糖質制限中の食べものについて、看護師に取材のご協力をいただきました[/st-kaiwa2]

糖質は甘いお菓子だけではなく、ご飯や麺類などにも多く含まれています。糖質制限をしたいけど、具体的に何なら食べても良いのかわからず困っているあなたでも、この記事を読むことで、「こんなものも売ってるんだ!」と食の幅が広がります。

クリックできる「目次」

おすすめの低糖質商品

上手な食材選びのコツを知って、あなたが気楽に糖質コントロール生活を送れるようにやさしく解説します。低糖質な食べものは「通販でしか買えない特殊なもの」ではありません。どこに行けば買えるのか?写真つきで紹介していきます。

コンビニやスーパーで買える低糖質な食品

コンビニやスーパーで買える入手しやすい低糖質商品を紹介します。コンビニへ行ったときに探してみてください。

参照:https://natural.lawson.co.jp/
参照:https://natural.lawson.co.jp/
参照:https://natural.lawson.co.jp/




参照:https://www.kibun.co.jp/brand/toshitsuzerogmen/

糖質0gにもかかわらず、レタス3個分の食物繊維10.7gが含まれています。こんにゃく独特の臭みもなく、風味や食感にくせがないため、ラーメンやパスタなど様々なメニューにアレンジできます。

参照:https://www.family.co.jp/
糖質0麺 濃厚ごま担々麺
参照:https://www.asahi-fh.com/products/soup/odorokiyasai/
参照:https://7premium.jp/
参照:https://7premium.jp/

 

自炊したくない人向け低糖質宅食・通販サービス

ここでは、定期的に低糖質ごはんを購入したい方や、買いに行く手間を省きたい忙しい方向けの通販サイトを紹介します。
スーパーやコンビニと違って、通販は定期購入しやすく長期的に気に入ったものをリピート購入できるのが最大のメリットです。スーパーで買えない独自性のある低糖質食品が充実しています。

まずは1ヵ月間ぐらいの短期間の糖質制限ダイエットをしたい方に、ぜひ頼ってほしいのが低糖工房です。低糖質で美味しいパンからごはん、スイーツまで幅広く揃っているため、これから糖質制限を始める方に最適な「主食が揃うお店」です。白米抜きの食生活は不安ですよね。
しかし「主食でどれだけ糖質をコントロールできるか」はダイエットにおいて、かなり大事です。

[st-kaiwa2]糖質制限は、毎食食べる「主食」でかなり差がつきます![/st-kaiwa2]

 


糖質制限したいけど、朝食を作る時間の余裕がない忙しい方におすすめの食材が揃っています。他では売っていない、せいろ大豆麺などといった主食メニューも豊富です。
いろんな種類の味が少量ずつ楽しめる「初回限定セット」は、楽園フーズのこだわりがわかるセット内容になっています。なかでも、特に楽園フーズのパンはふわっとしていて、香ばしさがありおいしいです。ぜひ普通のパンと食べ比べてみてください。


管理栄養士が計量・計算し、栄養バランスを考えた献立です。家庭的な味だけど、安心感がほしい方におすすめです。制限食を感じさせない味つけです。
お弁当タイプは、調理の必要が一切ないので、火を使う必要がないことから高齢者の1人暮らしにも人気があります。

また、料理キットタイプは組み立てるだけでおかずが完成します。自分だけ家族と違う専用メニューを作る調理負担がなくなるので、毎日別メニューを作っているお母さんも献立から解放されます。


1日1食をダイエットミールに置き換えるだけで、簡単に美味しく糖質制限ができると話題の宅食サービスです。インスタグラムでも人気があり、健康的な美しさを磨きたい女性から人気のあるお弁当です。ダイエットは食事が9割とよく言われますが、太りにくい体質を食事面からサポートしてくれる食事ダイエットの強い味方です。


他の宅配食や冷凍宅配弁当サービスと比べて、糖質が低く設定され、糖質の摂取を控えたい人や糖質ダイエットをしたい人におすすめです。
ナッシュは野菜と、チキンのメニューが多めです。食べていて罪悪感を感じにくいので、野菜を中心に食べたい方にぴったりです。

野菜不足な人や、しっかり糖質制限を行いたいと思っている方ははじめやすい宅食サービスです。そのまま捨てられるパッケージ(弁当箱)のおかげで食事の準備・あと片付けも一切不要です。面倒くさがりな男性の一人暮らしにも嬉しいです。

 


[st-kaiwa2]その他にも宅食サービスはたくさんあります。[/st-kaiwa2]

身近で買える!コンビニ低糖質スイーツ

低糖質スイーツはコンビニ・スーパー・通販と様々な場所でご購入可能です。まず、コンビニやスーパーにある低糖質スイーツをご紹介します。 

 

【食後のデザートに最適!】

参照:https://natural.lawson.co.jp/
参照:https://natural.lawson.co.jp/
参照:https://www.glico.com/jp/
参照:https://7premium.jp/

お仕事帰り、ちょっとした家事の合間に食べるにはちょうどいいサイズで、糖質制限されたスイーツを食べられるのは嬉しいですよね。

 

参照:https://www.meiji.co.jp/
参照:https://www.glico.com/jp/

糖質制限のお菓子は物足りないと不安を感じられる方に。しかし、心配無用。
一口、口に入れただけで一般的なチョコレートと同じ甘さを十分感じられ、
糖質制限されているとは思えないほどの美味しさです。

参照:https://natural.lawson.co.jp/
参照:https://natural.lawson.co.jp/

素焼きのミックスナッツは糖質制限のみならず、美容効果のあるので、女性にはおすすめです。

参照:https://natural.lawson.co.jp/
参照:https://natural.lawson.co.jp/

野菜を食べている感覚にもかかわらず、甘味が十分あり、スイーツを食べているような満足感を得られます。  

 

参照:https://7premium.jp/

 

Cake.jp (糖質カット対応/絞り込み機能つき)スイーツ通販サイト

ダイエット中でも、どうしてもスイーツを食べたい日もあるでしょう。年に一度の誕生日のためにも知っておきたい低糖スイーツの通販サイトを紹介します。注文時にカロリーや糖質が確認でき安心です。

シャトレーゼ

スイーツ専門店で有名な「シャトレーゼ」。
最近では糖質カットのアイスやケーキ、パンまで幅広く展開しています。スイーツはもちろん、糖質を大幅にカットされたピザやパンもあります。

GOOD EATZ

ジュース以外は飲んでも大丈夫?低糖質の飲料

低糖質の飲料水はさらっと飲みやすく、飽きにくいものが多いです。
下記の飲みものは糖質を含まないものになります。

  • 緑茶
  • ウーロン茶
  • 紅茶
  • ほうじ茶
  • コーヒー(無糖)

どうしても糖質が多い炭酸飲料やジュースを飲みたくなった際には、次の点を意識してしみましょう。

  • 1回で飲む量をコップに分けて、「1杯」の量を調整する
  • 糖質(糖類)ゼロと表示のある飲料水(100gあたり糖質0.5g未満であることを示す)をえら

[st-kaiwa3]どうしても飲みたくなったらこの3本![/st-kaiwa3]

コンビニやスーパーでご購入できる低糖質な飲料水は次のとおりです。

 

参照:https://www.pepsi.co.jp/menu.html
参照:https://www.asahiinryo.co.jp/index.psp.html

[st-kaiwa2]こちらもトクホです。すっきりとした喉ごしですよ![/st-kaiwa2]

参照:https://www.meiji.co.jp/

メモ

「カロリー0」「糖質off」といった飲料水には、飲みやすいように人工甘味料が含まれています。カロリー表示や糖質表示だけを過信しすぎないしましょう。ジュース代わりに毎日飲むといった習慣化は避けるとよいでしょう。

糖質が多いお酒 糖質を含むお酒 糖質ゼロのお酒
・ビール
・発泡酒
・梅酒
・日本酒
・紹興酒
 ・赤ワイン
・白ワイン
 ・ジン
・焼酎
・ウィスキー
・ウォッカ
・テキーラ
・ラム

低糖質料理は食材選びからはじめよう

  • 肉類(ささみ、鶏むね肉、赤身肉)
  • 大豆製品(納豆、豆腐は1個あたり糖質4.8g、油揚げ1個あたり糖質0g、厚揚げ)
  • チーズなどの乳製品(クリームチーズ100gで糖質3g、カマンベール100gで糖質0.9g)
  • (1個あたり糖質0.2g)
  • 野菜(人参・玉ねぎ・パプリカは糖質高めのため注意、アボカドは1個あたり糖質1.5g)
  • きのこ、海藻類
  • ツナ缶・サバ缶(1缶あたり糖質0.1g)

まとめ

最近では、コンビニからネット通販まで糖質カットされた商品が増えています。糖質制限をしやすい環境は整っているので、積極的に糖質オフを心がけ、食材選び・調理方法にひと工夫すると幅が広がることがおわかりいただけたかと思います。自炊と通販サービスをうまく使ってストレスを溜めこまない低糖質ライフを送りましょう。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。
保存・シェアする!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
クリックできる「目次」